まとめ と 知恵袋 on はてな

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

10分間だけ目をつぶる!?睡眠不足や徹夜明けを乗り切る簡単な8つの方法

こちらのページは移転しました。自動的に移動します。
移転先は こちら

睡眠不足や徹夜明けを乗り切る方法

人にとって睡眠はとても大切ですが、仕事が忙しかったりしてあまり眠れないなど、それほど長く睡眠をとれる人ばかりではありません。

現代人が寝不足に陥ることはよくあることですが、睡眠不足をそのままにしておくと様々な部分に影響が出てきてしまいます。

そこで、徹夜明け・睡眠不足や、夜更かししてしまった次の日を上手に乗り切るのに効果的でかんたんな方法をご紹介します。

徹夜明けや睡眠不足を乗り切る方法

朝食を摂る

寝不足の解消には朝食を食べることが効果的
出典:pakutaso.com

目覚めから1時間以内に朝食を摂りましょう。1日の早い段階から頭と体のエンジンのかかりが良くなります。

朝食のメニューとしておすすめなのは、全粒粉を使った食品とたんぱく質、果物を少々です。

ただし、睡眠不足のときに欲しくなりがちな、炭水化物や糖分の摂取は血糖値やインスリンの上昇を引き起こすため、食事の直後は元気になっても後で眠気を引き起こすので避けた方が良いでしょう。

仮眠をとる

お昼以降に襲ってくる眠気はなかなか打ち勝てません。こんなときは15分程度お昼寝してみましょう。

昼寝は疲れをとるのに、優れた習慣です。

15分で目覚めるコツは、机でうつ伏せになり寝ることです。熟睡モードにならないので目覚めやすくなります。また、寝る前にコーヒーを1杯飲んでから寝ると、目覚めがスッキリします。

コーヒーを飲む

睡眠不足の解消にはコーヒーを飲むと効果的
出典:pakutaso.com

コーヒーにはカフェインが含まれているので、脳への覚醒作用が期待できます。

脳が覚醒する時間は1.5~4時間と短いので、こまめに飲んだり、寝てはいけない時間の30分前に飲むようにしましょう。

目をつぶる

午後に眠くなってしまう場合は、10分ほど目をつぶって休んでみてください。

ビジネスパーソンであれば、昼休みの10分を使ってみましょう。

この10分だけ目をつぶるという行為は、疲れをとるために非常に有効です。

ツボを押す

眠気覚ましに効果があるツボは、首の付け根にある「風地」というツボです。首の背中側の両脇にあります。

両手で押していると、眠気だけでなく、カラダの疲れも取れます。

親指とひと指し指の間にある「合谷」というツボも効果的です。

ガムを噛む

徹夜明けはガムを噛むと効果的
出典:pakutaso.com

ガムを噛むと、アゴの筋肉が運動して、脳への血液の循環が促されます。

すると、脳の活動が活発になって集中力が増し、眠気が抑制されると考えられています。

脳の活性化作用があるメントールやキシリトールなどのガムを噛むと、より効果も高いようです。

太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びると寝不足が解消する
出典:pixabay.com

睡眠不足で頭がぼーっとしているときは、太陽の光を浴びたり、外出して深く深呼吸すると頭がスッキリします。

自然光を浴びて外の空気を吸うと、カラダが目覚めて体温も上昇します。

曇りの日でも、建物の影でも効果があります。

甘酒を飲む

夜更かしして不規則な生活になると、体内時計がずれて体が不調になります、そんな体内時計をリセットしてくれるのが、米麹の甘酒です。

米麹に含まれているグルコースという成分が、体内時計をリセットしてくれます。栄養剤とほぼ同様の栄養で、疲労回復に効果があるため、江戸時代は夏バテ対策として飲まれていたほどです。

さらに、麹に含まれるコウジ酸はシミやくすみを防いでくれて、頭皮を若返らせ美しい髪を作ることにつながります。

以上、10分間だけ目をつぶる!?睡眠不足や徹夜明けを乗り切る簡単な8つの方法…でした。