まとめ と 知恵袋 on はてな

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

眠りの長さで向いている仕事がわかる!?睡眠時間でわかる仕事の適正と性格診断

こちらのページは移転しました。自動的に移動します。
移転先は こちら

睡眠時間でわかる性格診断と仕事の適正

あなたは普段どのくらいの眠りを必要とするタイプですか?

睡眠時間の長さを決めるのは、精神的なストレスによる脳の疲労度であることが、さまざまな研究からあきらかにされています。

ストレスを感じやすい人は、脳が疲労を回復するのに時間がかかるため、長時間の睡眠を必要とします。一方、ストレスに強い人は、脳が疲労回復にそれほど時間が要さないので、短時間の睡眠でも問題ありません。

前者を「ロングスリーパー」、後者を「ショートスリーパー」、そのどちらでもないタイプを「バリュアブルスリーパー」と呼び、現在では性格の分析がされていて、仕事の適性までわかるのです。

睡眠時間でわかる仕事の適性と性格診断

1.ショートスリーパー

睡眠時間が短い人は楽天家
出典:pixabay.com

睡眠時間が6時間未満の人はショートスリーパーです。性格は明るくて楽天的、自分を肯定する気持ちが強く相当な自信家です。

失敗しても軽く受け流し、悩みごとがあっても深く考えません。意見や目標をはっきりと持っていて、せっかちに自分の道を切り開いていきます。活動的で、家にじっとしていると欲求不満がたまってしまいます。

歴史上で有名な人物ではナポレオンやエジソンがこれに該当します。ナポレオンは3時間、エジソンは4時間しか眠らなかったといわれています。

ショートスリーパーの仕事の適正は実業家
出典:pixabay.com

ショートスリーパーは社交的で人と話す事が大好きなので、実業家や営業が得意な人に多いです。第一線で活躍している企業のトップにはショートスリーパーが多いといわれています。

2.バリュアブルスリーパー

睡眠時間が普通の人は寿命が長い
出典:pixabay.com

睡眠時間が6~9時間の人はバリュアブルスリーパーです。一番効率の良い睡眠がとれているタイプであり、標準的です。

性格的にも、ショートスリーパーやロングスリーパーのような極端さがなく、バランスがとれています。寿命が最も長いのは、このゾーンの人たちです。

バリュアブルスリーパーの仕事は公務員が向いている
出典:pixabay.com

バリュアブルスリーパーは、順応性を生かせば、何をしてもうまくいきます。ただ、一番向いているのは平均的な会社員や地方公務員でしょう。

3.ロングスリーパー

睡眠時間が長い人は消極的
出典:pixabay.com

睡眠時間が9時間以上の人はロングスリーパーです。性格は消極的で現状を疑問視する気持ちが強く、なかなか安らぐことができません。

心配ごとがあると、そのことにかかりきりになり、時には押しつぶされてしまうこともあります。人には非常に気を遣いますが、基本的に人付き合いが苦手で、孤独を愛しています。もちろん世渡りは下手です。

歴史上で有名な人物ではアインシュタインがこれにあたります。

ロングスリーパーの仕事の適性は研究職
出典:pixabay.com

ロングスリーパーは研究職や文章を書く仕事が向いているとされています。自分の考えをとことん追求するタイプですので、人と違う意見が求められる職業が向いています。

性格と異なる睡眠時間は危険?

睡眠時間は主に脳の疲労回復や記憶の整理を行う事に使われています。なので全く睡眠を取らずにいるとうつ病になってしまったり、気分が安定しなくなってしまいます。

本当はロングスリーパーの人が、仕事などで無理やりショートスリーパーになってしまっていると大変危険なのです。

以上、眠りの長さで向いている仕事がわかる!?睡眠時間でわかる仕事の適正と性格診断…でした。