まとめ と 知恵袋 on はてな

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

寒くなったら根菜を食べよう!秋冬にカラダがポカポカになる4つのおすすめレシピ

こちらのページは移転しました。自動的に移動します。
移転先は こちら

寒い季節に食べたいかんたん根菜レシピ

寒くなって冷えが気になる季節には、靴下などで外から体を温めることも大切ですが、体の中から温めることも重要になります。

そんななか、寒い季節に旬をむかえる根菜類にはカラダを温めてくれる作用があるのです。

そこで、根菜類がカラダを温めてくれるワケと、内側からカラダを温めてくれる美味しい根菜レシピをご紹介します。

体を温める食べ物、冷やす食べ物

食品の中には、体を温めてくれる食品と体を冷やす食品があります。

温めてくれる食品は、大根、にんじん、ごぼうなどの根菜類。体を冷やす食品は、レタス、きゅうり、トマト、なすなどです。

基本的に土の中にできる野菜は体を温めて、土の外にできる作物は体を冷やすとされています。

なぜ体を温めるの?

寒い季節は根菜類を食べよう
出典:pixabay.com

なぜ体を温める作用があるかというと、水分が少なく、ビタミンC、ビタミンEや鉄などをはじめとするミネラルを多く含むものが根菜類に多いためだと考えられています。

ビタミンEは血行促進作用があり、ミネラルはタンパク質が体内で活用されるのに必須です。

また、タンパク質は血液や筋肉を作る素となり、体温を維持するのに必要不可欠なのです。

代表的な根菜類

だいこん

大根の根の部分にはビタミンCとカルシウムを多く含むほか、アミラーゼというデンプン分解酵素が含まれていています。

このアミラーゼがデンプンの消化を促進してくれるので、胃もたれ、胸やけ、二日酔いにも効果的です。

にんじん

だいこん・にんじん・ごぼうはおすすめの根菜
出典:pixabay.com

にんじんに多く含まれているカロチンは、肌荒れ、眼精疲労、風邪の予防に良いと言われています。

またにんじんには、食物繊維、鉄分、カルシウム、ビタミンCと多くの成分を含んでおり、バランスのとれた食材です。

ごぼう

ごぼうは、セルロースやリグニンなどの食物繊維を多く含んでいます。

ごぼうの食物繊維は胃や腸で消化吸収されず通過して、お腹の中を綺麗に掃除してくれるので、便秘が解消され、大腸がんの予防にもなります。

おすすめの根菜レシピ

根菜類の野菜スープ

寒い季節は根菜スープを食べよう
出典:pinterest.com

人参、玉ねぎ、大根をみじん切りにして大きさを同じくらいに揃えます。

材料と水・鶏ガラスープを鍋に入れ、強火にかけて沸騰したら、中火で5分煮込みます。

材料が煮えたら、仕上げに長ネギのみじん切りとしょうがを入れ、料理酒・塩コショウで味を整えて出来上がりです。

根菜の簡単グラタン

寒い季節は根菜グラタンを食べよう
出典:pinterest.com

ごぼう、にんじん、れんこん、たまねぎなどの根菜を一口サイズにカットします。

少量の鶏肉を、表面に焼き目がつくくらい焼いてから取り出します。

根菜を熱したフライパンでよく炒めます。鶏肉をフライパンに戻し、小麦粉を具材に絡めて塩・コショウを入れます。

バターと豆乳を加え、コンソメと味噌を適量加えて混ぜます。とろみが出てきたら耐熱皿に入れてチーズをのせ、オーブンで焼いて完成です。

鶏肉と根菜のスープカレー

寒い季節は根菜のスープカレーを食べよう
出典:pinterest.com

れんこん、ごぼう、にんじんの皮をむき、大きめの乱切りにして、水につけておきます。鶏肉は野菜より一回り大きくカットし、玉ねぎ、生姜、にんにくをみじん切りにします。

厚手の鍋にバターを溶かし、生姜、にんにくのみじん切りを炒め、香りが出てきたら玉ねぎを炒めます。弱火できつね色から飴色になるまでじっくり炒めます。

野菜、鶏肉を加えて炒め、肉の表面が白くなり根菜の香りがたってきたら、小麦粉、カレー粉を加えて炒めます。

水、カットトマト、固形スープを加えて混ぜ合わせ、底が焦げ付かないように様子を見ながら10~15分程煮込み、塩、胡椒で味を調え、最後に醤油を加えて出来上がりです。

生姜と根菜のヘルシー雑炊

寒い季節は根菜類の雑炊を食べよう
出典:pinterest.com

だいこん、にんじん、しいたけは、それぞれ5ミリから1センチの角切りにして、ねぎは小口切りにします。生姜はすりおろします。チューブ入りのすりおろし生姜を使ってもOKです。

鍋に水、白だし、生姜のすりおろし、ねぎ以外の具材を入れて沸かします。沸騰したら弱火~中火にして、だいこんやにんじんがやわらかくなるまで5分ほど茹でます。

具材がやわらかくなったらごはんを加えて中火で2分ほど煮込みます。少しとろみがついてきたら、塩を加えて味を調えます。

溶き卵を全体に流し入れ、弱火から中火で20~30秒待ちます。卵が固まってきたら全体を混ぜます。器に盛って刻んだねぎをのせると完成です。

以上、寒くなったら根菜を食べよう!秋冬にカラダがポカポカになる4つのおすすめレシピ…でした。