まとめ と 知恵袋 on はてな

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

スムージーよりポタージュ!?毎日の朝食にしたい、かんたん野菜ポタージュ3つのレシピ

こちらのページは移転しました。自動的に移動します。
移転先は こちら

ダイエットできる野菜ポタージュおすすめレシピ

美容と健康のために朝食にフルーツを食べたり、スムージーを飲んだりする人が増えています。

朝のスムージーは胃を起こして果物の果糖が緩やかに血糖値を上げ、脳に「朝だ」と知らせるサインになります。生の野菜や果物をミキサーにかけるので生きた酵素が取れるというメリットもあります。

しかし、スムージーを飲むと腸を中心に体が冷えてしまって、むくみやすくなってダイエットにつながらない場合もあるのです。そこでおすすめしたいのが、野菜を使ったポタージュスープです。

ポタージュでカラダの芯をあたためる

ポタージュはカラダの芯から温めてくれる
出典:pakutaso.com

ポタージュは、玉ねぎやニンニクなど、体を温める野菜をベースに作ることが多いので、温かいポタージュはもちろんですが、食欲が落ちる暑い日にピッタリの冷製のものでもOKです。

フルーツやスムージーと比べると、体が冷えるという心配が少なくて済みます。

また、とろみがあるので満腹感が得られることや、胃に負担をかけず消化がよいこと、栄養を丸ごと摂取できることも利点です。

おすすめの野菜ポタージュスープ

じゃがいものポタージュ

朝の新習慣にしたいじゃがいものポタージュ
出典:pinterest.com

小鍋に水を2㎝くらい入れて、コロコロに切ったじゃがいもと塩を入れて火にかけます。

じゃがいもが柔らかくなったら、火を強めて水気を飛ばし火を止めます。

じゃがいもをフォークの背やマッシャーなどでつぶしてなめらかにします。これを小鍋に大さじ2、豆乳1/2カップを加えてかき混ぜながら火にかけて、温まったら完成です。

皮ごとかぼちゃのポタージュ

かぼちゃを縦に4つに切って、2~3mmの薄切りにします。また、玉ねぎはスライスします。鍋に水と野菜を入れて、野菜がやわらかくなるまで10分ほど煮ます。バターと塩を加えて火を止めます。

荒熱が取れたら、皮のつぶつぶ見えなくなるまでしっかりとミキサーにかけましょう。これでスープのもとが完成します。

使うときにはスープのもとを70~80gずつカップに入れて、牛乳50ccを加えて混ぜます。これをレンジで温めてから食べます。

ほうれん草のポタージュ

朝の新習慣にしたいほうれん草のポタージュ
出典:pinterest.com

ほうれん草1束を1〜2cm幅に刻んで、ざく切りにした玉ねぎを1個、そして皮をむいてざく切りにしたじゃがいも4個と共に鍋に入れます。

水300mlを入れて中火にかけ、煮立ったら弱火にして約25分煮ると、野菜は軟らかくなっているけれど形が残った状態になります。

そこに塩を少々を加えて、ミキサーかフードプロセッサーを使うと、あっという間にペースト状になります。

これを朝、温めながら豆乳か牛乳でのばして、塩・こしょう、コンソメなどで味を加えればでき上がりです。

以上、スムージーよりポタージュ!?毎日の朝食にしたい、かんたん野菜ポタージュ3つのレシピ…でした。