まとめ と 知恵袋 on はてな

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

疲れきっていると思い込む!?ぐっすり眠るために寝る前にしておきたいこと

こちらのページは移転しました。自動的に移動します。
移転先は こちら

ぐっすり眠るための効果的で簡単な方法

眠りたいのにすぐに寝付けなくて困ったことはありませんか?そんなときは一体どうすれば、ぐっすり眠れるようになるのでしょうか。良い睡眠のためのヒントや効果的な方法を、いくつかご紹介します。

寝る前の行動は、睡眠の質を左右します。自分に合う就寝前の過ごし方を見つけることが、快眠の第一歩です。

質の良い睡眠をとることで、活動的になり、集中力も高まります。仕事や勉強の質もアップします。しっかりと睡眠をとり、明日への活力を養うためにぜひ参考にしてください。

ぐっすり眠るための効果的な方法

1.意識してカラダを動かす

ぐっすり寝るために意識して体を動かしておく
出典:pixabay.com

日中に体を動かせばエネルギーを消費して眠りやすくなります。運動と組み合わせれば、さらに効果が期待できます。

忙しくても、仕事帰りに少し長く歩いてみたり、お風呂上りにストレッチをしてみましょう。

2.お風呂は寝る1時間前までにはいる

ぐっすり眠るためにお風呂は寝る1時間前までにはいる
出典:pixabay.com

入浴はぐっすり眠るために効果があるといわれますが、お風呂からあがった直後は体温が高く、交感神経もすっきりして覚醒状態になっています。少なくとも寝ようと思っている1時間前にはあがるようにしましょう。

徐々に体温がさがってくると、興奮がおさまり眠気がやってきます。

3.就寝1時間前からは頭を使わない

ぐっすり眠るために就寝1時間前からは頭を使わない
出典:girlydrop.com

勉強や仕事、考え事など、頭を使う活動は脳に強い刺激となり脳を覚醒させてしまいます。

最低でも就寝1時間前からは、頭を使う活動は完全に終わりにして、次の日の充実した活動に向けて休息をとる準備をするようにしてください。

4.体が疲れきっているかのように想像する

ぐっすり眠るために疲れきっているように想像する
出典:pixabay.com

なかなか眠れない時は、体が疲れ切っている状態を頭で思い描いてください。どうやったら眠れるだろうかとか、明日のこととかを考えてはいけません。

眠りに落ちる、という表現をしますが、言葉の通り落ちるイメージを抱くことで、頭と体をつなげ、眠気という衝動を起きやすくするのです。

5.照明を工夫する

ぐっすり眠るために照明を工夫してみる
出典:amazon.co.jp

照明をやわらかい光にすると、気持ちが落ち着きリラックス効果を促します。

なかでも、キャンドルの灯りは温かく、ゆらゆらとゆれる炎を見ているとなんだか眠くなってくるのでおすすめです。あやまって、火事にならないように火の後始末はしっかりと行ってください。

以上、疲れきっていると思い込む!?ぐっすり眠るために寝る前にしておきたいこと…でした。