まとめ と 知恵袋 on はてな

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

炊くときにひと手間加えるだけ!ごはんのカロリーが半分になる簡単な方法とは?

こちらのページは移転しました。自動的に移動します。
移転先は こちら

ご飯のカロリーはココナッツオイルで半分にになる

白いご飯が美味しくて、ダイエット中だけどつい食べ過ぎてしまうという方も多いと思います.

しかし、最近の研究でお米を「ココナッツオイル」で炊くと、カロリーが半分以上もカットできるという結果が発表されているのです。

抵抗性でんぷんを増やしてカロリーオフ

お米は主に2種類のでんぷんでできています。それは可消化でんぷんと抵抗性でんぷんです。

このうち抵抗性でんぷんは人間には消化できません。このため抵抗性でんぷんは可消化でんぷんのように糖質に変わらず、血流に吸収されることがありません。

そこで、消化できるタイプのでんぷんを抵抗性に変えることができれば、実質的に米から吸収するカロリーが減ることになります。

ココナッツオイルを一緒に入れて炊く

ココナッツオイルをご飯に入れて炊くとカロリーが半分になる
出典:pinterest.com

方法は驚くほどシンプルなものです。まず、熱したお湯に1/2カップのお米を入れ、ここにティースプーン1杯分のココナッツオイルを加えます。

これを40分間とろ火で煮るか、20~25分ほど沸騰したお湯で熱し続け、どちらかの方法で加熱したあと、12時間冷蔵庫で冷やせば出来上がりです。

これで、摂取カロリーは通常の50%〜60%減になるのです。

ココナッツオイルがでんぷんに作用する

ココナッツオイルは脂肪の元にならない
出典:pixabay.com

お米の調理中にオイルがでんぷんの粒の中に入り込み、でんぷんの構造を消化酵素の作用を受けにくいものに変えてくれます。

これによって、でんぷんは糖質に変わらずに食物繊維のような働きをして、体に吸収されずに体外へ出て行ってくれます。

正確に言うと、お米のカロリー自体は減っておらず、オイルを加えているので増えているのですが、吸収率が変わるのです。

善玉菌のエサにもなる

ココナッツオイルは善玉菌のエサになる
出典:pinterest.com

ココナッツオイルを加える炊き方による効果はこれだけではありません。

米を抵抗性でんぷんにすることはカロリーをカットする以外にも、善玉菌のえさにもなってくれます。

ココナッツオイル自体が脂肪のもとはならないワケ

ココナッツオイルの一番の特徴は、飽和脂肪酸が多く含まれているということです。

飽和脂肪酸は多く摂取すると体に良くないというイメージがありますが、ココナッツオイルに主に含まれているのは「中鎖脂肪酸」です。

中鎖脂肪酸は肝臓で速やかに吸収・分解され、すぐにエネルギーとして消費されるので、カラダの脂肪とはなりにくいのです。

以上、炊くときにひと手間加えるだけ!ごはんのカロリーが半分になる簡単な方法とは?…でした。