まとめ と 知恵袋 on はてな

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

「片付けられない人」が掃除や片づけの習慣を身に付けられる5つの方法

こちらのページは移転しました。自動的に移動します。
移転先は こちら

整理整頓

片付けられない人にとって、散かっている部屋を片付けるのはとてもおっくうなことです。しかし、そんな人でも片付けを習慣にできれば、楽しく片付けることができます。

そこで、「片づけを習慣づける」ためのポイントを紹介します。

なぜ片付けられないのか?

乱雑に置かれた本
出典:pakutaso.com

片付けられない人は、自分の家や部屋が汚いのが全然気になりません。汚いという認識が一切ないのです。

また、片付けが面倒というのがあります。汚いと言われても、掃除をやる気にならないのです。

「片づけを習慣づける」ためのポイント

1.物を処分する

物が収まるべき居場所がないことが、片付けられない原因の一つです。

荷物を減らして、ゆったりと収納できるスペースを作りましょう。

2.床を物置にしない

綺麗な床
出典:pakutaso.com

片付けるスペースがないからと言って、床を物置にしてはいけません。汚さが倍増する上に、床掃除をする気が失せてしまいます。

床にある程度スペースがあるなら、収納棚を置くとよいでしょう。

3.物の置き場所を決める

片付けても片付けても、そもそも物の置き場所を決めていなければ、またすぐに出しっぱなしになりがちです。

また、物を取り出すときに、余計なものまで引っ張り出してしまうので、さらに収拾がつかなくなってしまいます。

4.達成感を味わう

片付けは大きなものから、掃除は汚れが際立っているところから始めてみましょう。

まずは5分をメドにして、無理なく達成感を味わうことを目標にしてください。

5.がんばりすぎない

休憩
出典:pakutaso.com

今日から掃除をしよう!と心に決めたら、ついついがんばってしまいがちです。

しかし、がんばった分、疲れ具合もひどく、3日坊主どころではなくなるので、基本はがんばりすぎないようにします。

認識を変えれば片付けできる

片付けの習慣を身につけるためには、自分の家や部屋が汚いということを認識することが必要です。

汚いことは衛生的にもよくないと認識すること、掃除を面倒な事柄と思わないことが大切なのです。

以上、「片付けられない人」が掃除や片づけの習慣を身に付けられる5つの方法…でした。