まとめ と 知恵袋 on はてな

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

ゼロカロリー食品には要注意!?管理栄養士が絶対に食べない6つの食べ物・飲み物

こちらのページは移転しました。自動的に移動します。
移転先は こちら

栄養士が自分では買わない食品

スーパーやコンビニに行くと様々な食材や食品が売られていますが、どんな理由で買うものを選んでいますか?カロリーが控えめでダイエット向きだから、体によさそうと感じたから。実はその食品選びは、間違っているかもしれません。

健康に気を使っているのであれば、自分が食べるものを選ぶ目も厳しく持っていたいものです。でも、もしもあなたがいつも買っている食品が、美容や健康面での理由で栄養士が絶対に買わないものだとしたらいかがでしょうか。

そこで、管理栄養士が絶対に食べない意外なNG食品をご紹介します。また、栄養士や看護師たちが「自分は買わない」と警鐘をならしている理由もお伝えします。

栄養士が自分では買わない食品

1.ノンオイルドレッシング

管理栄養士はノンオイルドレッシングは食べない
出典:pixabay.com

ドレッシングに油が多いのはご存知だと思いますが、意外な落とし穴はノンオイルドレッシングです。ノンオイルなのでヘルシーと思ったら大間違いです。実は、ノンオイルドレッシングにはシロップの材料にもなる、果糖ブドウ糖液糖が多く使われていることが多いのです。

せっかくのサラダでも、シロップをサラダにかけていたら、とてもヘルシーとはいえません。

2.加工肉

ソーセージやハム、ベーコンなどの加工肉は手軽ですし、つい手が伸びてしまう人も多いでしょう。しかしこれらの加工肉には、防腐剤や添加剤が多量に含まれている可能性があります。

また、塩分や身体によくない脂肪分が多く含まれている点も、注意したほうがいいでしょう。加工肉がお好きな方は、摂りすぎには気をつけてください。

3.〇〇の素

管理栄養士は味の素を食べない
出典:pixabay.com

鍋の素や炒め物の素、カレーのルーなどの便利な調味料には落とし穴がいっぱいだそうです。

それぞれの原材料を見てみると、カレールーで一番多いのは脂、鍋の素は果糖ぶどう糖液糖というコーンシロップ、そのほか添加物も多数含まれています。

4.スポーツドリンク

スポーツドリンクの原材料を観てみると表示の一番始めは、「砂糖・高果糖液糖・果糖」となっています。つまり、どのドリンクにも一番多く含まれるのは砂糖なのです。

運動しているのに全然痩せないという方は、普段からスポーツドリンクを飲んでいて、知らず知らずのうちに糖分を摂りすぎているのかも知れません。

5.カラフルなお菓子

看護師はカラフルなキャンディは食べない
出典:pixabay.com

栄養士は、食品着色料と砂糖が多く含まれているこれらの食品に、警鐘を鳴らしています。肥満の原因ともなるので、栄養士は食べない食品なのです。

カラフルなキャンディは見た目が可愛いので、プレゼントにすることがあるかもしれませんが、とくにお子さんには、なるべくあげないほうが良いかもしれません。

6.ゼロカロリー食品

ゼロもしくは低カロリーなのにしっかりと甘さを感じるのは、人工甘味料の力です。

人工甘味料を摂ることで砂糖を摂ったときと同じように、カラダは大量のインスリンを出してしまいます。すると、低血糖状態になり、また甘いものが欲しくなってしまいます。

また、インスリンで下げた血糖は脂肪としてカラダに蓄積されるので、低カロリーなはずなのに逆に太ってしまうのです。

食生活を見直してみよう

スーパーで売られている食品の中には、驚くくらいに添加物や着色料などが加えられているものが多くあります。食べているものの影響で、健康被害が出てしまってから気をつけても遅すぎます。

これを機に、食生活を一度見つめ直してはいかがでしょうか。

以上、ゼロカロリー食品には要注意!?管理栄養士が絶対に食べない6つの食べ物・飲み物…でした。