まとめ と 知恵袋 on はてな

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

チョコはダイエットの敵ではない!?太りにくく健康的なおすすめチョコレートとは?

こちらのページは移転しました。自動的に移動します。
移転先は こちら

実はダイエットの敵ではない?チョコ太らないチョコレート

甘くておいしいチョコレートですが、太るかもと思いながら食べるのでは、せっかくの美味しさも半減です。

チョコレートが太る原因になってしまう理由は、砂糖が含まれていることです。砂糖がたっぷりの甘いチョコレートをたくさん食べると、体重は確実に増えてしまいます。

実は、チョコレートに使われている砂糖の種類によっては、太りやすさが違うのです。そこで、一般的なチョコレートと比べて、太りにくいと言われているチョコレートをご紹介します。

チョコに使われる砂糖の種類

白砂糖や黒糖、きび糖はさとうきびから作られていますが、これらの違いは精製度です。白い色をしている砂糖ほど、精製度が高くなります。

また、てんさいから作られるてんさい糖には、ビタミン・ミネラル、オリゴ糖が豊富に含まれています。温かい地域で作られるさとうきにとは異なり、寒い地域で作られるてんさい糖には、体を温める作用もあります。

実は太りにくい?

"実はチョコレートは太りにくい
出典:pixabay.com

チョコレートは太りやすいと思われていますが、茨城県の大学教授は、カカオバターの主成分ステアリン酸は吸収率が低く、低カロリーなので意外にも健康的な食材である点を強調しています。

このステアリン酸には血中コレステロール値を下げる効果があり、カカオ成分には虫歯を抑制してくれる効果もあると紹介しています。

健康効果もある

チョコレートに含まれているポリフェノールはコレステロールの酸化を防いでくれるという研究結果があります。

チョコレートは脂肪分が多いのですが、その脂肪の質が良質なので、食べても血中の悪玉コレステロール値は上がらないという調査結果もあります。

太りにくいチョコレート

第3世界ショップ


出典:amazon.co.jp

ミルクやヘーゼルナッツ、アーモンドといった人気の味から、スパイスの効いたジンジャーやミントのチョコまであるのが、第3世界のチョコレートです。

砂糖はミネラル豊富なパラグアイの糖蜜を使っています。これらのチョコレートは、インターネットで購入できます。

ピープル・ツリー


出典:amazon.co.jp

砂糖は黒糖を使っているピープル・ツリーのチョコレートには、ナッツやシナモン、レモンやオレンジなど、豊富なフレーバーがあります。もちろん、ミルクとビターもあります。

パッケージのイラストがかわいいので、お友達の家に招かれたときの手土産にもおすすめです。

以上、チョコはダイエットの敵ではない!?太りにくく健康的なおすすめチョコレートとは?…でした。