まとめ と 知恵袋 on はてな

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

実は足湯で治る!?顔についた枕の跡をスッキリ消す方法と寝跡を予防する3つのポイント

こちらのページは移転しました。自動的に移動します。
移転先は こちら

顔についた枕跡をすぐに消す方法

朝起きて鏡を見たら顔に枕のあとが残っていた、という経験はありませんか。もうすぐ家を出なければいけないのに、困ってしまったということもあるかと思います。

そこで、顔に付いてしまった寝跡を簡単にスッキリ消す方法と、寝跡を作らないようにするコツをご紹介します。

枕の跡がなかなか消えない理由

顔についてしまった枕の跡が消えにくいのは、主にむくみが原因です。これは寝る前に水分や塩分をたくさん取りすぎているためかもしれません。

また、間違ったスキンケアや乾燥などによって肌の機能が低下すると、正常にバランスを保っていた油分や水分、コラーゲンなどの働きが低下し、ハリのない肌になります。

さらに、肌には弾力成分として、エラスチンやヒアルロン酸などがありますが、これらの成分が減少することで跡がつきやすくなるのです。

寝跡をスッキリ消す方法

1.足湯に入る

足湯で枕跡を消す
出典:pinterest.com

40度くらいのお湯を洗面器に入れて足湯をしてみましょう。

そのまま足を浸けていると、全身がポカポカしてきた後に顔のむくみが取れてすっきり解消できることがあります。

むくみは温めることが一番の解消法ですので、足湯で全身を温めることで顔にできたむくみを取ることができるのです。

2.蒸しタオルをあてる

蒸しタオルで枕跡を消す
出典:pinterest.com

熱く蒸したタオルを肌にあてて、十分に水分を補給することが効果的です。

水を含ませたタオルをレンジで温めるだけで、簡単に蒸しタオルができあがります。

肌が温まると、皮膚の表面が伸びてくるので、顔についたシワも綺麗に伸びるのです。

3.フェイスマッサージをする

フェイスマッサージで枕跡を消す
出典:pakutaso.com

フェイスマッサージをして、余分に溜まってしまった水分を流してあげると、だんだんと跡が消えていきます。

耳の後ろのくぼみや鎖骨のリンパ節を刺激し、リンパの流れをよくしてあげましょう。

寝跡を作らないポイント

朝起きたときにがっかりしてしまうと、その日のテンションもなかなか上がりません。一日を気分良く過ごすためにも、枕跡をつくらないコツを知っておきましょう。

1.うつ伏せで寝ない

うつぶせ寝をしない
出典:pakutaso.com

うつ伏せで寝ると、どうしても枕の跡がつきやすくなります。

うつ伏せで寝るクセがついてしまっている人は、仰向けで寝るように心掛けてみましょう。

2.夜の飲酒や塩分のとりすぎに注意する

お酒を摂り過ぎない
出典:photock.jp

夜の飲酒や余計な塩分は、むくみを招いてしまいます。

日頃から塩分の量などを心掛ける他、どうしても枕の跡をつけたくないという日は、前日の夜の飲酒を控えてみても良いかもしれません。

3.保湿を十分に心がける

保湿を心がけて枕跡を予防する
出典:pinterest.com

寝る前には化粧水を付けたあとにクリームを付けるなど、肌の水分が蒸発しないようにしっかり保湿ケアを行ってください。

また、空気が乾燥している時は、加湿器を活用してみてはいかがでしょうか。

以上、実は足湯で治る!?顔についた枕の跡をスッキリ消す方法と寝跡を予防する3つのポイント…でした。