まとめ と 知恵袋 on はてな

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

コンビニのお弁当で健康になれる!?正しいコンビニ食品の選び方7つのルール

こちらのページは移転しました。自動的に移動します。
移転先は こちら

スーパーやコンビニ弁当の正しい選び方

油が多くて、カロリーが高くて、栄養バランスが悪いなど、健康の大敵というイメージが強いのがコンビニ食品です。

手作りする食事よりも添加物が多いものもありますが、食材の選び方や組み合わせを工夫すれば、実は健康や美容に効果のある良い物もたくさんあるのです。

そこで、健康づくりにも役立つ、コンビニ食品の正しい選び方をご紹介します。

コンビニ食品の選び方

食材の種類を意識する

コンビニで食事を済ませるときは、まずは品数が少なくならないように、なるべくたくさんの種類の食材を食べるように工夫しましょう。

パスタや丼物をメインに選んだら、カロリーが低めの野菜サラダや野菜ジュースなどを必ず添えます。油を使った唐揚げやトンカツなどの油物が重ならないように気をつけてください。

汁物は春雨スープ

春雨は夜食におすすめのメニュー
出典:pixabay.com

春雨は主に緑豆から作られており、歯ごたえもあるので食べ応えがある点も魅力です。

カロリーもラーメンに比べて劇的に少ないので、夜食として食べるのにも適しています。

ポテトサラダでビタミン補給

にんじん入りのポテトサラダは、ビタミン補給に最適です。

にんじんにはビタミンA、じゃがいもにはビタミンC、調味料として使われているマヨネーズやオイルにはビタミンEが含まれています。

グミで小顔に

グミを食べると小顔になる
出典:pixabay.com

グミはコラーゲンの塊でもあるので美肌効果が得られます。ほかにも、たくさん噛むことで満腹感が得やすく、さらには小顔エクササイズ効果もあります。

デザートはプリンまたはアイス

プリンは栄養価が高くておすすめのデザート
出典:pixabay.com

プリンは、卵・牛乳・砂糖などのシンプルで栄養価が高い材料で作られているので、身体のためには良いデザートといえます。

アイスであれば果物のシャーベットなど、氷タイプのものが低カロリーで脂肪分も低くておすすめです。

トマトジュースでむくみ予防

トマトに含まれているカリウムが、余分な塩分を体外へ排出してくれるので、むくみの予防になります。

0カロリーゼリーでコラーゲンを摂る

ゼリーの主な材料は、ゼラチンです。美容によいとされるコラーゲンを、水とともに加熱して溶けたものがゼラチンです。ゼリーは小腹も満たしてくれるので、おすすめです。

以上、コンビニのお弁当で健康になれる!?正しいコンビニ食品の選び方7つのルール…でした。