まとめ と 知恵袋 on はてな

暮らしのアイデアから豆知識まで、毎日の生活を彩る情報をお届けします。

電源をこまめに消すのはNG!?エアコンの電気代をなるべく節約する8つの工夫

こちらのページは移転しました。自動的に移動します。
移転先は こちら

エアコンを節電する方法

暑い夏の日にエアコンをつけて涼みたいけど、そんなときに気になるのが電気代です。エアコンは一般家庭で使われている家電の中でも、最も消費電力量が大きいといわれています。

エアコンによる電気代をどう節約するのかは、みなさんが気になるポイントだと思います。冷房でかさんでしまう夏の電気料金を少しでも節約できたら嬉しいものです。

そこで、電気代を抑えて省エネになる効果的なエアコンの使い方や、かんたんにできる方法をご紹介します。

実はちょっとした工夫をすることによって、エアコンの電気代が下がったり、冷房効率が上がったり、良い事が起こるのです。

エアコンの電気代を節約するコツ

1.エアコンのスイッチを入れる前に換気する

換気してエアコンの電気代を節約する
出典:pinterest.com

外出から帰ってきてサウナ状態になった部屋を冷やすとき、エアコンのスイッチを入れる前に、窓を開けて部屋の熱気を外に逃がしましょう。

これだけである程度室温は下がり、無駄な電力使用が避けられます。

運転を開始したら、冷気を逃がさないように窓は鍵までかけてしっかりと締めましょう。

2.電源はつけっぱなしにする

エアコンはこまめに消して運転時間を減らした方が節約になると思いがちですが、実は逆です。

こまめにエアコンをつけたり消したりすると、そのたびにエアコンは設定温度にするためにフル稼働してしまいます。

実はつけっぱなしにしておいた方がエアコンがフル稼働する時間が短いので、省エネにつながる場合がほとんどなのです。

3.風量設定を「自動」にする

風量設定を自動にしてエアコンの電気代を節約する
出典:pinterest.com

運転モードは「自動」にするのが最もお得です。

節電のためには「弱」や「微風」にしておく方が効果的と考える人が多いかもしれませんが、弱い設定だと部屋を冷やすまでに時間がかかり、かえって電力を消費してしまいます。

「自動」にしておくと、部屋の温度が設定温度になるまで冷やすために、エアコンが最も効率的な運転をしてくれます。

4.風向きを「水平」にする

夏の冷房では風向きは水平運転がいちばん効率的です。

冷たい空気は下に溜まる性質がありますので、下に向けてしまうと足元だけが冷えてしまいます。

エアコンの風を上に流すようにすると、冷たい空気が部屋全体に循環して、うまく部屋の温度が下がっていきます。

5.設定温度を28度にする

エアコンの設定温度を28度にして電気代を節約する
出典:pinterest.com

設定温度を1度下げると、電気代は10%上がると言われています。

夏の冷房で理想なのは、28度という話をよく聞きますが、この温度は電気代だけではなくカラダのことを考えても理想な温度になっています。

外気との温度差が6度~8度以上になると、カラダの不調を訴える方が多くなります。

6.よしずやすだれで直射日光を防ぐ

よしずやすだれを使ってエアコンの電気代を節約する
出典:pakutaso.com

直射日光が入ってくると室温がどんどん上がってしまうので、その分エアコンも大量の電気を使ってしまいます。

そこでおすすめなのが、よしずやすだれを使うことです。

これらは窓の外で日光を遮ってくれるので、カーテンを閉めるよりも断然室温が上がりにくくなります。

7.室外機に日光を当てないようにする

エアコンの室外機に日光が当たってしまうと温度が上がります。

室外機の温度が高くなると熱の排出がうまくいかないため、消費電力が増えてしまうのです。

室外機に日よけを作ると温度が上がりすぎることを防ぎ、エアコンが効率的に動作します。

8.扇風機を併用する

サーキュレーターや扇風機を使ってエアコンのでき大を節約する
出典:flickr.com

扇風機も一緒に使えば体感温度が下がるので、エアコンの設定温度を上げても涼しく過ごすことができます。

その効果は大きく、エアコンを1度あげて扇風機を使うとおよそ9%の省エネ効果があるようです。

扇風機の風はそのまま身体に浴びても良いですが、上に向けて空気を循環させるとより多くの効果が得られます。

エアコンは上手に利用しよう

いかがでしたでしょうか。ちょっとした工夫でエアコンの冷房効率をアップさせたり快適に過ごせるようになります。

冷房を我慢すると熱中症の危険もありますので、冷房は上手く利用するようにしてください。

以上、電源をこまめに消すのはNG!?エアコンの電気代をなるべく節約する8つの工夫…でした。